「PHaT PHOTO」写真教室の最新情報をお届けします!
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 「PHaT PHOTO」写真教室事務局雑記21 | main | 【レポート】少女写真勉強会2・その2 >>
【撮影会レポート】高野山撮影会
こんにちは、
「PHaT PHOTO」写真教室事務局です。

本日は4月に開催した高野山撮影会のレポートを掲載します。


http://www.ppschool.jp/tableware/koyasan2014.html

朝9時(!)南海なんば駅発の電車に乗車し、
ケーブルカー・バスでの道のりを経て高野山に到着。
現地集合の方々とも合流し、
まずは一の橋観光センターで昼食タイムです♪

そして、恒例の自己紹介・・・!



先生たちも自己紹介!
(なにを話そうかな・・・)



自分のクラスのクラスメイト、
会ったことのない先輩、後輩、一般参加の方々・・
撮影会の意気込みなんかも話したりして・・・



どきどきしながらの自己紹介でした〜。
精進料理を食べ、お腹が落ち着いたら、
撮影に出発!



先生から撮影のポイントを学びます。
カメラの設定はOKですか・・??



高野山は小雨&曇り気味の天気でした。
(でもしっとりマイナスイオンたっぷり!)

ISO感度、露出を調整・・・!
色で遊びたい人はホワイトバランスをいじいじいじ。
高野山の神秘的な雰囲気には、
青みが強くなる電球モードがあってる・・・!?
設定を変えながらいろいろ試します。



わからないことは先生に聞きながら♪



時には被写体にぐぐっと寄って撮影!



おや・・・!



大きなレンズを使っている人が・・・



北森先生の最大望遠400mmのレンズだったようです。
(大きい!長い!)
望遠レンズを使うと、背の高い木々のてっぺんも引きつけて
きゅっと圧縮した写真が撮れるはず!
そして、スポーツ写真などでよく見られるように
背景をぼかして主役を引き立てる1枚に仕上げることも◎

 


さて、参加者の皆様は
どんな写真を撮られたのでしょうか・・?

○神戸14A  ANTさん の作品


「力強いフキノトウ」


「水たまりの中の星座」

【撮影会に参加しての感想】
高野山の道は、似たような形のお墓がたくさん連なっていました。
道端にはコケ、フキノトウやショウジョウバカマが無数生えていました。
そんな中、自分らしい一枚を撮るというのは難しい課題でした。
藻の生えた水溜りの中に虫の死骸が見つかり、
水溜りを宇宙に見立てて写真を撮ったのが自分なりの努力作です。

-------------------------

高野山では、いつも街の中で生活していると
なかなか見られない植物や動物、シーンが沢山あります。
でもそんな中で「自分らしい」写真を撮るのは難しいですよね。

「水たまりの中の星座」はタイトルも秀逸で、
一見グロテスクな虫の死骸も視点を変えれば
魅力的な被写体になる!
そんなことをANTさんに教えて頂きました。



参加者の中に、高野山に詳しい方がいらっしゃり
いろいろ興味深いお話が聞けた方もいたようです。
(秘密の撮影スポットも見つけちゃったり・・・!?)

最後は時間が足りなくなるくらい、
魅力たっぷりの高野山を楽しまれていました。

参加して下さった皆様、
サポートスタッフとしてこのブログの写真も
撮影して下さった大阪12Aのむかい様、
講師の皆さま、ありがとうございました!

​夏の高野山も、とっても新緑がきれいだそうですよ。
下記サイトにて、
お山の魅力まるわかりガイドが掲載されています。
http://www.nankaikoya.jp/index.html
ぜひぜひ小旅行にでかけてみてくださいね。

来年の高野山撮影会もお楽しみに!

*****************************
PHaT PHOTO」写真教室事務局
担当:伊藤/長橋/今村
104-0031
東京都中央区京橋3-6-6
エクスアートビル2F
www.ppschool.jp
ppschool@cmsinc.jp
フリーダイヤル:0120-949-819
TEL:03-5524-6991
10001800土日祝休

JUGEMテーマ:写真
スポンサーサイト