「PHaT PHOTO」写真教室の最新情報をお届けします!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 御苗場入賞!生徒さん紹介 その2 | main | 御苗場入賞!生徒さん紹介  >>
「PHaT PHOTO」5−6月号 まだ間に合う読者プレゼント!

こんにちは!「PHaT PHOTO」編集部新人の畠田です。
気付けば6月…入社からあっという間に2ヶ月が経ってしまいました。
取材に同行させてもらったり、原稿を書かせていただいたり、
一人前の編集部員になるために、毎日勉強です!

さて今日は、忽那汐里さんが表紙の「PHaT PHOTO」5-6月号から、
読者プレゼント商品を詳しくご紹介!
今回は、「手取り足とりPHOTO修行」でも取り上げた
トイデジタルカメラ「GIZMON HALF D」をご紹介します。

このカメラ、驚くのは何よりもまずこの小ささ!

手のひらサイズに収まる幅約64mmのコンパクトボディ。

ハーフサイズや正方形サイズなど、
3種類にアスペクト比を変えられるだけでなく、
カラーモードも盛りだくさんです。
「MONOCHROME」、「SEPIA」に加え、
色鮮やかな「VIVIT」や、森山大道風に撮れてしまう「MORIYAMA」など
バラエティ豊かに10種類も!


VIVIT:色鮮やかに!


MORIYAMA:森山大道風に撮れてしまいます!かっこいい!


SEPIA:こちらはセピア。レトロな感じがでますね。


HIYORI:淡い感じの雰囲気のある写真に。スクエアモードでよりトイカメラっぽく。

実際に使ってみると、とても簡単。
どのサイズでどの色にするか、迷ってしまいます。
組み合わせを変えれば、本当にバリエーション豊かな写真が撮れるので、
「大きなカメラは持ち歩きたくない!」なんて日の散歩のお供に最適です!

そんな「GIZMON HALF D」HPはこちら

こんな小さいのに、機能たっぷりの「GIZMON HALF D」。
今回は、抽選で3名の方にプレゼント!

5-6月号では、この「GIZMON HALF D」だけでなく、
リコーの限定ポロシャツや小型クリップオンストロボなど、
さまざまな読者プレゼントをご用意いたしております。
詳しくは本誌P107をチェック!
(アンケートは本誌P47、もしくはこちらから)

PHaT PHOTOのいいところ、改善点、
嬉しいご意見や厳しいご意見と一緒に、
どんどんご応募ください!

ちなみに、読者アンケートで人気がでている記事は、
“オトコ×オトコ 2人でつくるヌードフォト”。
「普段は絶対触れることのない撮影の環境を知れて、おもしろかった!」
といったご意見をいただいています。

まだ見られてない方は、ぜひご覧ください◎


そして、次号からは私畠田も編集に参加しています。
自分の書いた文章が誌面に載ることにどきどきです…
みなさん、6月20日発売の「Gift −写真で気持ちを伝えたい−」も
楽しみにしていてくださいね!

2011年6月1日
「PHaT PHOTO」編集部
畠田

スポンサーサイト
Trackback URL
http://phatphoto.jugem.jp/trackback/118
TRACKBACK